Ecology RecycleFunスクラバー、砂漠緑化について

TOP > スクラバー >  進化を続けているスクラバー

進化を続けているスクラバーの目次

  1. 進化を続けているスクラバー
  2. スクラバーと燃焼ガスの関連性
  3. 高濃度臭気に対応したスクラバー
  4. 洗浄液を用いた湿式スクラバー
  5. スクラバーとはどういった装置なのか
  6. スクラバーは排ガス処理装置
  7. スクラバーの使用方法及び使用効果
  8. スクラバーで得られるメリットと注意点

進化を続けているスクラバー

環境を汚さないために、以前からスクラバーというのは大活躍していましたが、最近ではさらに進化している様です。

たとえば、スクラバーはメンテナンスが必要となる事もあるようですが、その頻度がかなり低くなるなど改善されつつある様です。

また、スクラバーを使用する事によっても汚泥が発生する事がある様なのですが、その量が少なくなるなど、いろんな所でよくなっているそうです。

少しの変化かもしれませんが、仕事となると毎日稼働させ続ける事になりますので、ちょっとしたスクラバーの機能の改善が後に大きな影響となってしまう事もあるかと思います。

これからもさらに高機能なスクラバーが研究開発され続ける事でしょう。

スクラバーと燃焼ガスの関連性

燃焼排出ガスは多くが有害な物質を含むものであり、そのままの状態では環境へ影響を及ぼす原因となってしまうことから、スクラバーを用いた汚染物質の処理が欠かせない要素とされます。

代表的な排出ガスの処理法としては湿式洗浄と呼ばれるものがあげられ、化学工場や実験施設・製造施設などの排出ガスに対して毒性の中和と除去が期待できるスクラバーの技術となります。

これは特殊な洗浄液を対象の物質と接触させることで処理する方法に該当し、水溶性の毒物や腐食性の有毒ガスを外部へ放出しないために有用性の高い手段とされています。

スクラバーについての記事

高濃度臭気に対応したスクラバー

臭気の中でも高濃度臭気の場合には、通常のスクラバーで無事に処理できているかどうかという事が心配な事もあるでしょう。

高濃度臭気の場合には、大気中に放出されてしまうとその心配も感じられる事でしょう。

そんな時には、高濃度臭気に対応したスクラバーを選択する事によって、無事に解決する事ができるでしょう。

スクラバーでは臭気の種類によってタイプを選ぶ必要があります。高濃度臭気に対応したスクラバーであればしっかりと逃す事なく臭気をキャッチする事ができます。

スクラバーは臭気に対応しているかどうかという事によって、処理能力が大きく異なります。同じ導入するなら、処理能力が高い物を選びましょう。

洗浄液を用いた湿式スクラバー

第二次産業の中核をなす工場では、化学反応や燃焼による排気ガスの処理がひとつの重要課題となります。

スクラバーは、大気汚染の原因となる有毒な排気ガスや二酸化炭素の放出を防止する装置の総称です。

洗浄の目的の物質によって装置の仕組みに種類がありますが、一番ポピュラーなものが湿式洗浄塔と呼ばれるものです。

湿式スクラバーでは、水や除去したい物質に反応する洗浄液を使用し、排気ガスや空気に含まれる汚染物質を取り除くことを行います。

アルカリや酸性のガスはそれぞれ酸性とアルカリ性の溶液で中和させ、水に溶けやすいガスは水洗浄を用います。

スクラバーとはどういった装置なのか

排気中に含まれる、有毒ガスを処理する装置を、スクラバーといいます。

原理としては、水などの液体を吸収液とし、排気ガス中の有害成分や、ダストを液滴や液幕中に捕集をし、分離するので温式スクラバーともいいます。

例えば、フッ素化水素や塩化水素などの有毒ガスなどは、水吸収で処理することが可能になります。

硫酸ガスなどの酸性ガスは、苛性ソーダで吸収することが可能です。

またアンモニアガスは、アンモニア溶液の蒸気圧が非常に高いので、水吸収しても気化してしまうため、硫酸で処理します。

吸収液を排ガスに、接触させて捕集する方法が、温式スクラバーでは主流となっています。

スクラバーは排ガス処理装置

大気汚染防止装置の1つにスクラバーがあります。工場や研究所などから排出される排ガスを処理する装置のことをいい、汚染物質をきれいに除去し、大気に放出するものです。

例えば、化学工場のメッキ工程、酸洗浄、塗装工程などの製造工程で、有害物質を除去する目的で使用されています。

製造工程で発生する有害な物質を含む排ガスを吸着したり、中和処理をするなどして無害化しています。

スクラバーには加圧水式や充填塔式、回転式などの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

ただ、どれも洗浄水を使用するので、廃水処理を行う必要があります。

スクラバーの使用方法及び使用効果

スクラバーは粉塵ガスを送り込み、上から洗浄液として水などの溶媒を噴霧降下させることで、粉塵ガスを洗浄します。

そして下から、液滴や液膜、気泡などによって粒子の付着や凝集をはかり、粒子を分離捕集させることができる装置です。

液滴や液膜、気泡の生成量が多く、ガスとの接触時間が長く、気液分離器の性能が高いものほど高い集塵率を発揮します。

スクラバーには溜水式、加圧水式、充填塔式、回転式といった4つの種類があり、処理したい物質によって使い分けると効果的です。

どれも小型で大量のガスを高い集塵力で処理することが出来ますが、洗浄水を使用するため、廃水処理の必要があります。

スクラバーで得られるメリットと注意点

スクラバーというのは、実験や化学工場などで発生する有害ガスを一カ所に集めて取り除き、空気を清浄化させる装置です。

この装置のおかげで環境が保たれ、近隣へ健康被害が及ぶことを防いでいます。

有害物質のほか、ちりやほこり、悪臭を取り払うことも可能です。都市部では雑居ビルが密集していて満足に換気ができないところも多いですが、これを使えば解決します。

置き場所を選ばない小型のものや、キャスター付きの可動式スクラバーもあります。

メンテナンスを怠ると満足に機能を発揮できないばかりか故障の原因となりますので、定期的なチェックが大切です。

メニュー

TOP 買取 DVD買取 リサイクルショップ大阪 リサイクルショップ スクラバー スクラバー設置 スクラバー製品 スクラバー大阪 砂漠緑化 藻場再生

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

「Ecology RecycleFun」ではリサイクルショップの不用品買取サービスについてや、大阪のメーカーが取り扱うスクラバー、地球環境を改善する砂漠緑化の情報などのコンテンツを掲載しています。今後さらに情報を増やしていきますので是非ご覧ください。不用品があるなら奈良、京都、大阪、兵庫といった対応エリアの出張買取サービスを行うリサイクルショップを活用しましょう。

RecycleFun

リサイクルショップについて

スクラバーについて

スクラバーの設置に関する資料については大阪などの製造メーカーにお問い合わせください。

砂漠緑化について