Ecology RecycleFunスクラバー、砂漠緑化について

TOP > 藻場再生 > 砂漠緑化と日本の技術の活用方法 > 砂漠緑化

盛んになっている砂漠緑化の目次

  1. 盛んになっている砂漠緑化
  2. 砂漠化を防ぐ砂漠緑化
  3. 温暖化の防止にもなる砂漠緑化
  4. 大学などの研究機関と砂漠緑化
  5. 砂漠緑化の活動をするには
  6. 政府も取り組む砂漠緑化
  7. 海水を活かした砂漠緑化
  8. 砂漠緑化の方法について
  9. 砂漠緑化を行っている地域とは
  10. 砂漠緑化に向けてのアイディア
  11. 砂漠緑化を防いで農地にしよう
  12. 法人が取り組む砂漠緑化
  13. 地元の人の協力も大事な砂漠緑化
  14. 急がれる砂漠緑化
  15. 砂漠緑化と乾燥地の砂漠化が進む面積
  16. 気候と砂漠緑化について

盛んになっている砂漠緑化

砂漠に草木を植えること、あるいはそれらが育つような算段をすることを砂漠緑化と呼んでいる。

例えば、砂漠化進行を阻止したり、農地の拡大によるエネルギー生産量・食糧を増加させたり、二酸化炭素の固定による地球温暖化防止に努める事である。

世界中のあらゆる地域で砂漠化が進んでいるため、砂漠緑化の運動が盛んになっている。

草や木を植える事、またはそれらが育つような算段をすることを緑化と言う。

またその後、育成管理すること。収穫を目的としない。

また、自然に砂漠に植物が生える事も緑化と言う。近年では環境保護の働きが盛んになってきているため、緑化の働きは盛んになっている。

砂漠化を防ぐ砂漠緑化

砂漠緑化は植林などの施策によって、土地の砂漠化を防ぐまたは遅らせるようにすることです。

中国などでは非常に大きな問題で、植林が非常に盛んに行われておりますが、効果は限定的です。

今後は世界中でもっと力をいれていかなければいけない課題となっております。

温暖化の防止にもなる砂漠緑化

植物というのは光合成をする事によって酸素を生み出します。

砂漠化してしまうと、酸素を出す植物がありませんので、温暖化にも影響があると考えられます。

という事は、逆に砂漠緑化を活性化して緑が豊富にある状態となっていれば、二酸化炭素が多くある状態でも、植物が吸収してくれます。

砂漠緑化というのは一石二鳥と言えるのかもしれませんね。

砂漠緑化というのは楽に達成できるものではないと思いますが、最新のテクノロジーや技術などを活用して、成功させたいですね。

資源というのは永遠に手に入る物ではなく、いつか枯渇してしまう恐れがあるという事を忘れない様にして、これからのために資源を大切にし砂漠緑化に貢献したいですね。

大学などの研究機関と砂漠緑化

企業だけではなくて、大学などの研究機関も砂漠緑化に多いに貢献している事もあります。

砂漠緑化に向けて、技術やノウハウなども必要になってきますので、それについては大学などの研究機関がまさしく得意としている分野と言えるでしょう。

大学の中には、海外の砂漠化している地域に出かけて砂漠緑化の活動を行う事もあるみたいですね。

大学は、砂漠緑化を研究するのに十分な環境が整っているという事が考えられます。

砂漠緑化に向けて、いろんな機関が協力する事によって、よい方向に進む事ができるのではないかと思います。

近い将来に、非常に画期的な素晴らしい技術が次々と開発され、実用化されるかもしれません。

砂漠緑化の活動をするには

海外で砂漠緑化の活動を行っている団体もありますので、チームに加わって活動を行うというのが、砂漠緑化を行うための方法としては手っ取り早いと思います。

しかし、砂漠緑化を行う地域は不便な場合も多いので、時として現地では過酷な環境の中で活動を行わないといけないという事もあるかもしれません。

また、砂漠緑化の活動は現地の人たちと協力をして行う事もある様ですね。

やはり現地の気候や環境はその地域に住んでいる人の方が詳しいという事が考えられますので、砂漠緑化に必要な情報を提供してくれたりする事もあるかと思います。

また、緑化のための活動を通して、現地の人と楽しく交流できればいいですね。

政府も取り組む砂漠緑化

世界にたくさん存在している砂漠を砂漠緑化するというのは、非常に大きな取り組みです。

ですので、個人で砂漠緑化に努めたいと思っても、問題が大きすぎてできる事は限られてしまう事もあります。

そこで、砂漠緑化は政府が取り組む事もあります。政府が砂漠緑化に取り組むと活動に必要となる予算を集めやすいという事がまず大きなメリットとして考えられます。

影響力は大きなものとなる事でしょう。

また、政府だけではなく、企業も砂漠緑化を行っています。この様に大きな組織単位で取り掛かると、より結果を得やすくなるのではないかと思います。

すでに多くの人が努力をしていますので、結果となって反映されるといいですね。

海水を活かした砂漠緑化

砂漠緑化の課題の一つに水をどうやって確保するかという事が挙げられます。

川の水だけではなく、面積が広い海の水を活かして砂漠緑化をする事ができれば、より効率がいいという事が考えられます。

しかし、海の水をそのままの状態で使用して砂漠緑化する事は難しく、塩を多く含んでいるので、除去しないと植物が枯れる原因になってしまいます。

そこで、砂漠緑化に役立つ、海水から塩分を除去する技術が用いられている事もあります。

また、砂漠緑化を達成するためには、水をいかにして運び、また地面に蓄えるかという事も課題となる事が考えられます。

少しずつ問題をクリアしていく事で、気付けば大きな目標が達成できているかもしれません。

砂漠緑化の方法について

砂漠緑化とは、字の通り砂漠化している地域に緑を生やしていこうという活動です。特に活動的なのは、ゴビ砂漠です。

ゴビ砂漠は、世界差大規模の砂漠で、なかなか砂漠緑化が進んでいないのが現状です。しかしながら、少しずつではありますが、活動を行っています。

例えば、井戸を掘り、自動で散水する機械を導入したり、地元の人たちに苗木の植え方を指導して、少しずつ苗木を増やしています。

少しずつ賛同してくれる人が増えており、寄付金などが集まるようになっているので、もっと大規模なプロジェクトを推進させ、砂漠緑化を進めていきます。

砂漠緑化を行っている地域とは

砂漠緑化を行っている地域は多数ありますが、日本から近いところではモンゴルで行われています。

モンゴルは砂漠が多いことで知られ、砂漠緑化をすることで砂漠化が進まないように取り組みを行っています。

またアフリカでも実施されているところが多く、砂漠が多くなっている地域で緑化事業を実施してます。

砂漠緑化は中国でも行われ、これ以上の砂漠を増やさないようにしています。

これらの砂漠緑化事業には日本の会社が携わることによって、技術提供を行っている他、住んでいる住民でもできる、地道な方法についても簡単な指導が行われています。

管理については地域の方に行なってもらえるように、指標なども提供しています。

砂漠緑化に向けてのアイディア

砂漠緑化とは、途方もないことのように素人には思えます。まず、生物が存在するために必要不可欠な水がないからです。

「オアシス」と呼ばれる場所はあるかもしれませんが、殆どの場所には水の存在などとても思いつきません。

次に、砂漠の砂はサラサラであることです。保水力が低そうなのに加え、根を張って生きるには自身の姿勢を保ちづらいでしょう。

主に根から水分を取り込む植物たちにはきつい環境でしょう。これらの点を考えた時、砂漠は宇宙環境と似ています。

水分が見当たらず、姿勢を保ちづらい環境というのは無重力空間に近いです。

だから、砂漠緑化を実現するためには宇宙空間での研究との共同研究が重要なのではないでしょうか。

砂漠緑化事業を考えるならタイキ。

会社名株式会社タイキ
本社〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号
最寄駅JR環状線 寺田駅
TEL06-6779-9001
和歌山支店〒649-6621 和歌山県紀の川市名手西野339番1号
TEL0736-75-9311
羽曳野支店〒583-0872 大阪府羽曳野市はびきの5丁目6番28号
TEL072-956-3038
神戸営業所〒657-0026 兵庫県神戸市灘区弓木町3丁目3番15-306号
TEL078-806-8260
堺営業所〒591-8003 大阪府堺市北区船堂町2丁22番25号3
TEL072-240-2633
奈良営業所〒639-0266 奈良県香芝市旭ヶ丘2丁目18番16号
TEL0745-71-3228
東大阪営業所〒577-0805 大阪府東大阪市宝持2丁目2番10-203号
TEL06-6736-5862
URLhttp://www.osa-taiki.co.jp/

砂漠緑化を防いで農地にしよう

砂漠が多い地域というのは、土地や土壌が豊かという訳ではなく、育てることができる作物も限定されています。

そのため砂漠が多い地域はどちらかというと貧しい国が多いです。

そういったことを少しでも改善しようと、砂漠緑化と同時に、緑化した土地をより豊かにしようという運動が同時に進められています。

最近では温室を使用した農業や、今まで植えたことのなかった果物の樹を植える運動を行っています。

果実の樹は他の樹よるも水分が多く、土壌をより豊かにしてくれる働きがあります。

砂漠緑化を行う土地で育てることができる果実は限られてきてしまいますが、現在積極的に育成計画が進んでいます。

法人が取り組む砂漠緑化

ボランティア団体が砂漠緑化に取り組む事も多いですが、時として法人が砂漠緑化に取り組む事もあります。

法人の場合には、まとまった資金を砂漠緑化に投入する事もできますので、より大きな規模で対策をする事ができます。

砂漠緑化を本格的に行う事によって、社会に貢献する事ができますし、また企業イメージのアップにもつながります。

そのため、法人が砂漠緑化を行うという事は、環境が改善するという事だけでなく、他にもいい影響がたくさんあると思われます。より多くの法人が対策を行う事で、きっと環境は少しずつ変化するのではないでしょうか。生き物にとって、暮らしやすい環境が整えられるといいでしょう。

地元の人の協力も大事な砂漠緑化

他の国や地域に暮らす人が、砂漠緑化の活動を行うためにやって来る事もありますが、砂漠緑化というのは、その場所特有の環境を考慮して適切な対策を行う必要がありますので地元の人の協力を欠かす事はできません。

協力して対策を行う事が、砂漠緑化を実現する上で必要でしょう。

やはり、何と言っても地元の人は、その土地の気候や風土についてよく把握しています。砂漠緑化や砂漠化を専門的に研究している人がいれば、具体的な対策方法を決定していく上で重要な役割を果たす事になるでしょう。

そして、実際に砂漠緑化を手伝ってくれる人たちも必要です。時として地元の人の協力が、結果を左右する事もあるでしょう。

急がれる砂漠緑化

やはり砂漠緑化は急がれています。自然環境は待ってくれる分けではありませんので、砂漠緑化は自分たちのペースで行うのではなく、少しでも早く砂漠緑化を行って環境の改善を行う必要があります。

砂漠化の問題が深刻化すればするほど、砂漠緑化を行って以前の様な状態にするのは難しくなります。また、砂漠化しているエリアは広がっている事が、砂漠緑化をさらに難しくしている様です。

環境のための対策というのは、人が何も手を加えなくても常にいい状態を維持する事ができるまで行う必要があります。それまでに、たくさんの人の力が必要となります。それでも、大事な環境を守っていくという事は何より大事です。

砂漠緑化と乾燥地の砂漠化が進む面積

環境省に掲載されている「乾燥地における土地劣化面積」によると世界の土地劣化が進む総面積は1,035,200万ha(平成9年)となっているようです。

現在はこの数値よりさらに砂漠化が進んでいるとみられます。

国名面積(ヘクタール)
アジア370,300万ha
アフリカ319,400万ha
ヨーロッパ99,400万ha
北アメリカ79,500万ha
南アメリカ79,100万ha
豪州87,500万ha

参考資料「WORLD ATLAS OF DESERTIFICATION SECOND EDITION (UNEP, 1997)」

気候と砂漠緑化について

植物を増やすだけが砂漠緑化ではありません。

実際に行われている砂漠緑化というのは、気候と深い関係があります。雨が少ない、乾燥しているなどの気候は、砂漠緑化を行う上で把握しておくべき大事な情報となります。

砂漠緑化が必要な地域というのは、元々砂漠化しやすく、生き物にとって生きるのに過酷な環境となっている事もあります。

砂漠緑化で成功させるためには、やみくもに対策を続けているだけでは、思っている様な効果は得られない事もあります。対策を本格的に行うのであれば、まずはその土地や気候について調査を念入りに行う事も必要ではないでしょうか。そこで、研究者や専門家などの知識が求められます。

RecycleFun

リサイクルショップについて

スクラバーについて

スクラバーの設置に関する資料については大阪などの製造メーカーにお問い合わせください。

砂漠緑化について